末端冷え性 改善 食べ物

末端冷え性を改善する食べ物

  スポンサードリンク

末端冷え性を改善するためには、まず体を温める食べ物を多めに摂るべきです。

 

食事は私たちが生きる上で最も重要な役割を担っていますので、食材の選び方や料理法もできるだけ沢山知っておくことはとても大切なことです。

 

それに加え、体を温める食べ物を多く知っているだけでも、末端冷え性やその他の様々な病気を予防することができますので、ここで紹介したいと思います。

 

 

 

末端冷え性を改善する食べ物

 

まず、私がオススメしたいのは、意外にも、お餅です。古くは中国の伝統栄養学である「経典」が伝えていることでも知られています。お餅はご飯と比較すると高エネルギー、高タンパクで、母乳の出を良くする食べ物としても有名で、1日2切れ程を朝食べるだけでも、末端冷え性の改善に効果を発揮するはずです。

 

続いては、かぼちゃです。冬至に食べられていますので有名ですね。体を温めるだけでなく、かぼちゃにはカロチンが多く含まれ、体内でビタミンAに変わって粘膜を保護する効果もあり、風邪などの感染症も予防してくれます。かぼちゃを食べて、ゆず湯に入れば、寒い冬至も体が冷えないという訳で、末端冷え性の改善には最適かもですね。

 

次は、末端冷え性を改善する食べ物といえば誰もが思い付く、赤唐辛子です。料理に積極的に使うのも効果的ですし、赤唐辛子で作った薬酒を飲んで寝ると手足が温まって良く眠れるようです。飲みにくい場合はハチミツを加えると美味しくなりますよ。

 

末端冷え性は、放っておくと他の病気をも引き起こす原因にもなりかねませんので、改善には体を温める食べ物を積極的に摂るように心がけましょう!!

 

 

体を温める食べ物(末端冷え性の改善に有効)

餅米、玄米、ライ麦、ごま油、納豆、アジ、イワシ、サンマ、鮭、エビ、ナマコ、ウナギ、カツオ、鶏肉、羊肉、チーズ、かぼちゃ、にんじん、ごぼう、ピーマン、切干大根、しょうが、にんにく、ねぎ、たまねぎ、ニラ、らっきょう、しそ、にんじん、桃、あんず、梅、なつめ、さくらんぼ、ドライフルーツ、栗、くるみ、黒豆、小豆、紅茶、ウーロン茶、ハーブティー、からし、山椒、わさび、しょうが、シナモン、サフラン、日本酒、酢、醤油、塩、梅干、燻製、味噌、唐辛子、黒砂糖、

 

中間の食べ物(多くの食品はここに属します)

米、とうもろこし、ごま、ハマグリ、イカ、牛肉、豚肉、さつまいも、じゃがいも、キャベツ、ぶどう

 

体を冷やす食べ物(末端冷え性の方は、摂り過ぎに注意)

そば、大麦、小麦、こんにゃく、豆腐、カニ、牡蠣、アサリ、アワビ、シジミ、クラゲ、海苔、ひじき、昆布、馬肉、鴨肉、牛乳、バター、トマト、なす、きゅうり、レタス、セロリ、白菜、蓮根、アスパラガス、枝豆、パイナップル、スイカ、梨、柿、みかん、バナナ、パパイヤ、メロン、マンゴー、イチゴ、ワカメ、緑茶、コーヒー、牛乳、ジュース、ビール、ワイン

 

 

基本的に、刺身などの生ものや果物の多くは体を冷やしますので、摂り過ぎには注意してくださいね。

 

また、緑茶をウーロン茶に変えたり、白砂糖を黒砂糖に変えてみるのも、末端冷え性の改善には効果的です。

 

その他、末端冷え性を改善する上で、生理作用を盛んにすることも重要になりますので、良質なタンパク質、ビタミンB群、C、Eなどのビタミン類、各種ミネラル類をまんべんなく摂取して、神経作用と血行の促進をはかることも大切ですね。

末端冷え性を改善する食べ物についての情報でした。

スポンサードリンク