末端冷え性 改善 半身浴

末端冷え性の改善に半身浴が効果的

  スポンサードリンク

末端冷え性の改善には、ぜひ半身浴を取り入れて頂きたいと思います。

 

入浴は、毎日の生活の中で体の疲れをとったり、体の冷えを解消して温める最も大切で貴重な時間ですね。末端冷え性といえども、全身を芯から温めないことには上手く改善することはできませんので、半身浴で体をしっかり温めて下さいね。

 

寝る1時間前にゆっくりと浸かることで、体の冷えが解消されるだけでなく、副交感神経が優位に立ちますので、心身ともにリラックス効果が期待できます。全身の血管が広がり、筋肉もリラックスして、血流がスムーズになるのです。

 

ぬくもりが保たれたまま眠りにつけば、熟睡できて、さらに自律神経にいい影響を及ぼしますので、翌朝も冷えない体になりますよ。

 

末端冷え性で悩んでいる人がよく間違えやすいのが、熱いお風呂に浸かるということです。確かに冷えた体に熱いお風呂は気持ち良いかもしれませんが、どうしても長時間浸かっていることができず、体が芯から温まりません。

 

熱いお風呂に浸かると、脳が皮膚の温度を下げようとして全身の毛穴を開き、汗と一緒に熱をどんどん放出して、かえって入浴後の方が体が冷えてしまって、寒さを感じるようになります。

 

 

また、末端冷え性の改善に半身浴をオススメする理由は他にもあります。

 

肩まで浸かる全身浴は、冷えた足元よりも上半身だけが先に温まってしまうため、そうなると、足元が温まることはないのです。体のエネルギーといわれる「気」というものは、下から上に上がるため、一旦上がってしまうと、もう下がらないのです。

 

上半身だけがのぼせた状態では、足先が温まることはなく、末端冷え性の改善にはつながりません。

 

 

半身浴の方法としては、38〜40度のぬるめのお湯を湯船に6割程度入れ、みぞおちの辺りまで20〜30分ゆっくりと浸かるようにして下さい。肩が寒く感じたら、バスタオルなどをかけましょう。腕は湯船の外に出すようにして下さいね。

 

半身浴を続けると、末端冷え性の改善だけでなく、つらい月経痛や更年期による不定愁訴、全身のむくみ、胃腸の調子を整えるのにも有効です。代謝も良くなり、ホルモンバランスの乱れからくるシミの色も次第に薄くなっていきます。

 

お風呂から上がったら、必ず汗や水分をしっかり拭き取り、髪の毛はすぐにドライヤーで乾かしましょう。下半身からしっかり温まっていれば、湯冷めすることはほとんどありませんが、念には念を入れて対処しておきましょうね。

 

ローズマリー、ジンジャー、レモン、もみの木などのアロマオイルを湯船に少量垂らしたり、ピンク岩塩やトルマリン原石などを入れてみても、末端冷え性の改善に効果があるといわれていますので、ぜひお試し下さいね。

末端冷え性の改善に半身浴が効果的についての情報でした。

スポンサードリンク