末端冷え性 改善 足湯

末端冷え性の改善に足湯がオススメ

  スポンサードリンク

わざわざお風呂を立てる必要がなく、いつでもできる足湯は、末端冷え性の改善にオススメです。

 

特に、冷えがひどく月経痛がつらい時や、風邪気味で体調が悪い時、夜の入浴まで待てない時などには足湯を試してみて下さい。お風呂と同じくらいの発汗効果を持ち、血液の循環を促すものですから、末端冷え性を改善するには一番早い方法ともいえます。

 

足湯の方法としては、バケツに38〜40度ほどのお湯を入れ、量は足首の上くらいになる程度で構いません。コップ半分程度のあら塩を加えると、体に溜まった老廃物を引っ張り出す作用があります。

 

足を浸けて5分経ったら、膝のお皿の下辺りまでお湯の量を増やします。温度も同じくらいにして、さらに5分間足を浸けます。試してみると分かりますが、10分程度で全身がポカポカして汗が出てきます。

 

汗を拭けるようにタオルを用意しておいて下さいね。終わったら、ぬるま湯で綺麗に洗い流してタオルで拭き取りましょう。3週間毎日続けると、末端冷え性が改善され、足の疲れやむくみが出にくくなります。

 

 

最近では、唐辛子を使った足湯も流行っています。唐辛子の辛味成分であるカプサイシンを摂取すると、脂肪の燃焼を促進することで知られていますが、食べるだけでなく、外用でも血流を良くする効果があるのです。

 

カプサイシンには温感刺激作用と血管拡張作用がありますので、体の内側と外側から血流を促進して体を温めてくれる非常に有難い成分ということになります。末端冷え性の改善に利用しない手はありませんね。

 

唐辛子を使った方法は至って簡単です。カプサイシンは水に溶ける性質がありますので、そのままお湯に唐辛子を入れるだけです。もっと効果を上げたい場合は、粉末にしたものを使っても良いでしょう。

 

こちらの足湯は運動療法と同じ効果があるとされ、かく汗の量も一層多くなります。体の脂肪が燃焼しやすいように働きかける力がありますので、変なダイエットよりもずっと効果が期待できるようです。

 

このように、足を温めるだけで額に汗をかいたり、体がポカポカするのは、全身の末梢にまで血液が行き渡り、循環ができている証拠です。しかも全身浴とは違い、内臓に負担をかけずに代謝を促進できますので、末端冷え性でお悩みの方はぜひお試し下さいね。

末端冷え性の改善に足湯がオススメについての情報でした。

スポンサードリンク