末端冷え性 改善 靴下

末端冷え性の改善には靴下の重ね履き!

  スポンサードリンク

末端冷え性の改善には、靴下の重ね履きが有効とされていますね。

 

足先が凍えるように冷たくて、夜もなかなか寝付けないなどの理由で、多くの人が実践されているようです。

 

しかし、靴下はそのほとんどが足にフィットするように作られていますので、靴下を重ね履きすることで、むしろ逆効果になっている場合もあるようです。締め付けが強過ぎると当然血流は悪くなり、足先の冷えは増す一方です。

 

 

 

今では末端冷え性の改善に最適な専用靴下などを買うことも出来ますが、一般的には5本指の靴下が重宝されています。ただ、これも重ねて履くことで足が圧迫されますし、出掛ける時などにも靴が窮屈になってしまいます。

 

足にかいた汗が靴下の中に閉じ込められて湿気を伴うと、足先からどんどん体温が奪われて行き、末端冷え性が知らず知らずに悪化している原因の1つになっています。では、これを改善するにはどうすれば良いのでしょうか?

 

 

末端冷え性,改善,靴下

靴下を重ねて履く場合、なるべく薄手のものを重ねるようにします。分厚いものを1枚履くよりも、温かい空気の層を増やすことになり、保温性も格段に上がります。末端冷え性の改善には複数枚履く方がオススメです。

 

5本指の靴下は、1本1本の指を覆うことで保温性に優れ、指先もある程度自由に動かせますので、血行が悪くなるのを防いでくれます。汗も吸い取りやすく、臭いや水虫予防の他、外反母趾の予防にもなります。

 

また、両足全ての指の股には八風(はちふう)というツボがあり、ここを出来るだけ冷やさないようにすることで、不快な冷えや疲れを解消することができます。5本指の靴下はそこもカバーできますので、とても有効です。

 

 

生地の素材としては、肌に直接触れる一番内側はシルクがベストです。水分を即吸収できて通気性も良く、また、保温や放熱にも優れています。

 

2枚目以降は天然素材のウールやコットンがオススメです。特にウールはシルクが逃した熱も逃がさず、保湿性にも優れています。夏はコットン、冬はウールなどの組み合わせにすると良いですね。

 

寝ている間は副交感神経が優位に立っていますので、体もリラックスした状態です。足先を始め、体の熱が奪われやすいので、靴下を2、3枚履いて寝ると翌朝も冷えないでしょう。

 

末端冷え性を改善するには、履き口のゴムがきつい靴下も注意した方が良いです。足首より上が締め付けられても、結局は足の先端に血が巡らなくなり、冷えを感じてしまいます。

末端冷え性の改善には靴下の重ね履き!についての情報でした。

スポンサードリンク