末端冷え性 改善 レッグウォーマー

末端冷え性の改善にはレッグウォーマーがオススメ!

  スポンサードリンク

末端冷え性の改善には、ふくらはぎから足首を温めるレッグウォーマーがオススメです。

 

足の裏やつま先に極端な冷えを感じていても、靴下を履いて寝るとリラックスできずに眠れないという人もいるようです。確かに多少の締め付けがあることで、足に蓄積されている疲れが取れないこともあるようです。

 

また、寝ている間には当然足にも汗をかきますし、それが朝になる頃には湿って冷えを起こすことも考えられることです。そこで末端冷え性の改善のためにぜひ使って頂きたいのがレッグーウォーマーです。

 

 

人間の体の筋肉は、約70%が下半身に存在しており、体温となる熱自体は約40%が筋肉で産生されています。足首から先はほとんど筋肉がありませんので、ふくらはぎから上を温めることで熱が産生されやすくなるのです。

 

末端冷え性の改善といえど、もちろん内臓や全身の冷えと無関係ではありません。そして、ふくらはぎは心臓へ血液を送り返すポンプの役割を担っていますので、ここを温めるだけで全身の血流に良い影響を与えます。

 

 

末端冷え性,改善,レッグウォーマー

さらに、私たちが寝ている間というのは体の熱がどんどん逃げて行き、体温が低下しています。ふくらはぎは表面積が大きいので逃げている熱の量も多く、レッグウォーマーを使って温めることで、多くの熱が奪われずに済む訳です。

 

レッグウォーマーはピッタリしたものより、少し大きめで余裕があるものの方がオススメです。ルーズソックスみたいにクシュクシュとした感じでたるみを持たせることで、温かい空気の層ができやすくなり、保温性もアップします。

 

末端冷え性を改善するためには、血液循環が損なわれるような締め付けが一番問題がありますので、手袋や靴下などに関しても少し余裕を持たせることは大事なことです。

 

素足のまま眠りたいという人は、ゆったり目のレッグウォーマーと併せて、湯たんぽや電気アンカなどを利用して朝まで熱が逃げないような工夫をすることも大切ですね。

 

結局、足先の血流を決めるのはふくらはぎから上の部分ということを知っておけば、自ずと対策も見えてきますよね。

末端冷え性の改善にはレッグウォーマーがオススメ!についての情報でした。

スポンサードリンク